長く働ける歯科医院の選び方

歯科衛生士として長く勤務するために

歯科衛生士として長く働くことができる歯科医院は、基本的には経営が安定しており、スタッフの数が多い所が良いでしょう。

経営状況が安定しているかどうかは、患者がたくさんいて、忙しそうにしているかを見てみると良いでしょう。日中の時間あまり来院してくる患者が多くない歯科医院は、経営上の問題がある可能性があり、長く働ける可能性が低くなります。

また、福利厚生がしっかりとしている歯科医院などであれば、有給休暇なども取得しやすく働きやすい環境となります。

残業があまり多い職場だと、無理して働くことになるため、月々の残業の量なども働き安さの目安になります。
産休や育休などの制度がしっかりとしている歯科医院などは、妊娠や出産後も仕事に復帰することができるので、長く働ける職場となります。

歯科衛生士の求人情報を転職サイトで探している時には、出来るだけ長く働くことができる職場かどうかを見極めることが重要ですが、募集要項だけを見ても不明な点が多いので、面接の時などに歯科医の先生に質問をしてみると良いでしょう。
実際に職場の様子なども面接のときに確認してみることも大切です。

できれば、面接以外の時なども職場の様子を見に行けると状況がわかります。

歯科衛生士の転職理由

歯科医院で働く歯科衛生士の転職理由は?

歯科医院で働いている歯科衛生士の転職理由は、個人ごとに様々ではありますが、職場環境を変えたいということも理由としてはあるでしょう。

残業が多い職場や休日出勤が多い職場などは、労働環境が良いとは言えないので、無理なく働くことができる歯科医院の就職することを希望する人もいるでしょう。

また、妊娠や出産などがきっかけで、前職の歯科医院を辞めた人も、家庭が落ち着いてから新たな環境で再就職することがあります。
給与面などの待遇も歯科衛生士の転職理由となり、経営があまり安定していない歯科医院の場合には、十分な給与が支払われないこともあるので、きちんとした待遇の歯科医院の職場への転職を希望する人もおります。

転職サイトでも歯科衛生士の求人情報はたくさん掲載されています。
きちんと経験を積んだ専門資格者であれば、新しい職場でもしっかりと活躍することができるので、現在の状況に満足していない人は、思い切って新しい仕事場に転職するのも自分にとってはプラスになるでしょう。

新しいスキルを身に付けたいと考えている人も、対応している診療内容が多い歯科医院に就職することで、さらにスキルを磨くことができます。

NEW エントリー

PAGE TOP ↑